スタンプインク

使用しているスタンプパッドについてお問い合わせをいただきますので、お話しさせていただきます。(2009.2.加筆)

Versa Craft スタンプパッドのインクが少なくなると、綺麗な印影を得ることができません。そのため、スタンプパッドは、【補充インクがあること】を第1条件に選ばれるのが良いかと思います。
また補充インクがあれば、混色によって市販のインクパッドにはないような微妙な色のインクパッドをつくりだすことも可能になります。 そんな理由から、現在使っておりますのは、【バーサクラフト】というスタンプパッドです。

使用しているインクの色についてもお問い合わせいただくのですが、どの色も補充インクを自分でブレンドしたものです。
わたしの使用経験内での話ですが、補充インクは絵の具と同じ感覚で混色できます。ですので、白・赤・黄・青さえあれば、様々な色を得ることができます。
『1から色をつくり出すのは、慣れるまで分量調節が難しそう』
そうお感じになられた方は、白・赤・黄・青の4色にお好みの色に近いインクをプラスして揃えるのが良いかと思います。(実はわたしもそうしております。笑)
グレーと茶系統が好きな自分が持っておりますのは、 【ホワイト】 【ポピーレッド】 【レモンイエロー】 【セルリアンブルー】  それに、【リアルブラック】  【チョコレート】 の6色です。 具体的な混色の分量については、 ブログの【スタンプインク】カテゴリー をご覧ください。(これからは補充時に忘れずに写真を撮って、ご紹介できる色を増やしていきたいと思っております。)

Versa Craft 補充インク(【補充液】・【インカー】で検索すると見つかると思います。) いきなり補充インクを揃えるのは難しいかもしれませんね。それではこんな方法はいかがでしょう?
それは、A色のインクパッドで少しインクをつけてから、B色のインクパッドで 再度インクをつける・・・という、いたって簡単な方法。 きっとすでにお試しの方も多いのではないか、と思います。
当然、B色のスタンプパッドには、A色が混じりますし。 補充液をブレンドしたインクパッドのように、【毎回同じ色】というわけには、 いきません。
でも、より自分の好きな色味に近づけることはできると思います。
まずは『買ってみたけど失敗だったなー』というスタンプパッドを使ってやってみませんか? インクパッドは少しまだらになってしまいますが、使わないまま仕舞っておくよりもずっと良いと思いますヨ。
コツは、濃い色を先につけて、薄い色を後で多めにつけること、くらい?でしょうか。よろしかったら、お試しください。

inserted by FC2 system